スプリンターズS-穴馬やっぱりこの騎手とこの馬

◆高松宮と同じ状態〔1〕ビッグアーサー

 前売り1番人気馬は午後3時1分に到着。道中はいたってスムーズだった。「順調にこれた。小倉にも行っているし、大人しかったね。高松宮記念と同じくらいの状態にあると思う。今はオフの状態だけど、ジョッキーが乗ったあたりでスイッチが入って、競馬に向けて気が入る。状態はずっと安定している馬だし、どんな展開でも力を出してくれるはず」と犬山助手。

◆輸送はスムーズ〔2〕ブラン

 栗東からの6時間の輸送はいたってスムーズ。「いつもより到着してからが落ち着いている。追い切り直後の馬体重が456キロでしたが、輸送もあるし、もう少し絞れるでしょう。もともと小柄でもバランスがいい馬。それが全体的にひと回り大きくなった。洋芝で勝っているが、軽めの芝でもまったく問題ない」と佐々木助手。

◆「具合は抜群」〔3〕ティーハーフ

 金曜日に中山入り。土曜は厩舎周辺の運動で汗を流した。昨年の函館スプリントS以来、勝ち星から遠ざかっているが、前走でも上がり最速をマークしており末脚は脅威だ。「まだ少し緊張していますが、こうして運動しているうちに環境になれてくるでしょう。ひと叩きして具合は抜群にいいので、一発を狙います」と深川助手。

◆枠順文句なし〔4〕ソルヴェイグ

 経験の浅い3歳牝馬だが、イレ込むことなく約6時間40分の長距離輸送をクリアした。「具合はすごくいいし、落ち着いている。ここからだね。初めての環境だし、体を減らさないでいられるか。函館スプリントSで古馬を相手に重賞を勝てたし、春と比べてだいぶ成長した。枠順((4)番)も言うことない」と松浦助手。

◆「一番の状態」〔5〕シュウジ

 関西馬では最後に中山入り。キャリア9戦ながら札幌から小倉まで7つの競馬場を経験してきただけに、8つ目となる中山でも動じることなく馬房におさまった。野本助手は「転厩後の2戦は距離が長かったし、馬もウチのやり方に慣れていなかったが、北海道に行ってから変わったね。今回が一番の状態。スタートが速いし、スピードもヒケを取らないと思う」と期待を込めた。

◆落ち着きあり〔6〕ベルカント

 正午過ぎにスムーズな輸送で中山に到着。馬房ではリラックスして落ち着いている。「馬運車ではおとなしかったですし、到着してからも元気。カイバも食べて、テンションも普通。あとは当日次第でしょう」と早稲田厩務員。

◆軽快脚さばき〔7〕スノードラゴン

 一昨年の覇者は、午前7時過ぎに坂路を軽快な脚さばきで駆け上がり、その後はプールへ。「追い切り後も順調です。雨がもっと降ってくれればいいですね。この年になっても時計を詰めているし、充実しています。人気はないですが、一昨年みたいに乗り慣れた鞍上で一発を期待しています」と宗方助手は声を弾ませていた。

◆「馬体絞れた」〔9〕サトノルパン

 特に渋滞もなく、スムーズに輸送をクリアした。馬体には張りがあり、栗東にいたときと変わらない雰囲気だ。「馬の具合は、かなりよさそうです。一度使って馬体が絞れ、毛づやもいいです」と新谷助手。

◆馬が変わった〔10〕レッドアリオン

 前哨戦のセントウルS(6着)を使って気配は確実に上昇中。「輸送もスムーズで、馬運車内でも落ち着いていました。ひと叩きして状態はさらに上向いているし、川須君も“馬が変わってきた”と話していましたからね」と甲斐助手は一発を狙う。

◆「今回は10割に近い」〔11〕ダンスディレクター

 滋賀・栗東トレセンから6時間の輸送を終え、午後3時すぎに中山競馬場へ到着した。新垣高三厩務員は「以前、東京に輸送したときより落ち着いているね。久々だった前走は7割くらいのデキだったが、今回は10割に近い。牝馬っぽい面があるので仕上げすぎずに気をつけて、いい雰囲気にもってこられた」と状態面の良さに胸を張った。

◆馬場悪くても〔12〕レッツゴードンキ

 中山までの所要時間は6時間少々と、輸送はまったく問題なかった。

 「体重が減ることを想定して仕上げてきました。年齢とともに落ち着いてきましたし、馬場が悪くなっても大丈夫です。すべての条件がこの馬に向いてくれるといいですね」と寺田助手。

◆「乗り込めた」〔14〕ウリウリ

 昨年はストレイトガールと一緒だったが、今年は1頭で中山入り。それでも戸惑うことなく落ち着いていた。「輸送はいつも通りスムーズ。前走のセントウルS(9着)を使ってからもしっかり乗り込めたし、体重も維持ができている。(外)枠はツイていないが、決まったところでやるしかない」と田中大助手。

◆調整悔いなし〔8〕サクラゴスペル&〔13〕レッドファルクス

 2頭とも雨が降りしきる午前8時前、美浦の角馬場からWコースに入り単走で1周のメニューをこなした。尾関調教師は、(8)サクラゴスペルについて「追い切りと同じところから出していった。これで気合が入るでしょうね」。CBC賞を制して勢いに乗る(13)レッドファルクスについては「体調が良さそうですね」とトレーナー。「どちらも前日は攻めの調教をやった」と悔いのない最終調整で大一番に送り出す。

◆陣営は手応え〔16〕ネロ

 中山は7度目で輸送も環境も慣れたものだ。「いつも追い切りでは動くが、(29日の)あの馬場で(栗東坂路4ハロン)49秒1はすごい。充実しているね。追い切り後もテンションが上がらず疲れもない。できれば内枠が良かったが、前走は外枠から新境地を見せてくれたから」と今井助手は手応え十分だ。





田辺とソルヴェイグ・・・
やっぱりこれから
大穴候補は
調教抜群で一発狙える


本命
ソルヴェイグ